NEWS

世界遺産のサヌア旧市街を爆撃 サウジアラビア軍など(画像集)

6月12日、世界遺産に登録されているイエメンの首都サヌアの旧市街の一部が、サウジアラビア主導の連合軍による空爆で破壊された。

6月12日、世界遺産に登録されているイエメンの首都サヌアの旧市街の一部が、サウジアラビア主導の連合軍による空爆で破壊された。イエメン国営サバ通信の報道を、毎日新聞などが伝えている。

イエメンでは3月以降、ハディ政権とイスラム教シーア派武装組織フーシとの戦闘が激化。フーシに対するサウジ主導連合軍の空爆が続いている。

サヌアはシバ王国の都市として紀元前10世紀ごろから栄えた古都。城壁に囲まれた旧市街は、石造や日干し煉瓦造りの6、7階建ての建物が多く、中世の街並みが色濃く残っている。連合軍の旧市街への直接攻撃は初めてとみられている

ユネスコのボコバ事務局長は12日、「人命が失われただけでなく、世界で最も古く、貴重なイスラム都市の一つに損傷が出たことに深く苦悩している」との声明を発表した

MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
MOHAMMED HUWAIS via Getty Images
【関連記事】

バチカン市国

ヨーロッパの世界遺産の街