ライフスタイル
2015年10月01日 21時08分 JST | 更新 2015年10月01日 21時09分 JST

エッシャー、なんと未発表の作品が見つかる。ここはどこ?(画像)

だまし絵画家、M・C・エッシャーの未発表作品が公開された。

オランダで愛されてやまない、だまし絵画家M・C・エッシャー。死後43年経った今も、その無限に続くパターンと、数学とアートの交錯する作品が専門家を驚かせている。

8月、オランダのエッシャー美術館は、1924年に製作されて以来ずっと忘れられていたスケッチが見つかったと発表した。

タイトルのついていない、この貴重な絵を所有していたエッシャーの家族も、作品を美術館に売ると決めるまで、絵に描かれている場所はわかっていなかった。しかし、学芸員のミッキー・ピラーのおかげで、未発表の作品が一般に公開されるようになり、エッシャーがどこを描いていたかが判明したのだ。

エッシャーは、イタリアの首都ローマから約20キロ北東の街、モンテチェーリオを描いていた。

1924年3月、エッシャーはイエッタ・ウミカーと結婚する前にローマを訪れていた。学芸員のピラーによれば、エッシャーはこのローマ滞在中に、作品のモチーフを探してよく散歩していたという。そうして選んだのが、上の画像にあるように、998年に建設されたモンテチェーリオの要塞だった。

紙に描かれた作品は、よく「絵」や「スケッチ」などと呼ばれることが多いが、この絵は、ステンシルやスタンプ、ローラー、そしてブラシで描かれた、エッシャーならではの版画作品だ。この作品は、1920年に北オランダのテセル島で農家を描いた作品や、1928年にコルシカ島の街コルテを描いた作品を思い出させる趣がある。

多くのエッシャー・ファンにとっては、この作品は目の錯覚を起こさせるように見えるだろう。もしかしたら伝統的な日本画のように見えるかもしれない。

「このモンテチェーリオの作品は、非常に重要な初期の作品です。エッシャーが建築装飾美術学校で学んだことと、後にイタリアで見た風景を結びつける作品なのです」とエッシャー美術館のリリースには書かれている。「第二次大戦が終わった後、エッシャーはイタリアの風景での経験を新たな視点から捉えることで、典型的な彼の作品に変えたのです」

「今回のように画家の死後だいぶ経ってから作品が見つかるのは、非常に珍しいことです」とピラーはガーディアン紙のインタビューで語った。「エッシャーの他の作品と、技術的に似ている部分もあり、また晩年の作品で再び見られるようになった要素もあります。この作品は重要な発見です」

Photo gallery M.C. Escher See Gallery

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています