NEWS
2015年10月12日 22時28分 JST

菅官房長官、ユネスコ拠出金の停止検討 世界記憶遺産に「南京大虐殺の記録」登録受け

菅義偉官房長官は12日、ユネスコ世界記憶遺産に「南京大虐殺」に関する文書が登録されたのを受け、ユネスコへの拠出金の停止や減額を検討すべきだとの認識を示した。

Bloomberg via Getty Images
Yoshihide Suga, Japan's newly appointed chief cabinet secretary, pauses during a news conference at the prime minister's official residence in Tokyo, Japan, on Thursday, Dec. 27, 2012. Japan's parliament confirmed Shinzo Abe as the nation's seventh prime minister in six years, returning him to the office he left in 2007 after his party regained power in a landslide election victory last week. Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg via Getty Images

菅義偉官房長官は10月12日のBSフジ番組で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が登録されたことをめぐり、ユネスコに拠出している拠出金について「政府として停止、削減を含めて検討している」と表明した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

菅氏はユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に、中国が申請した「南京大虐殺の記録」が登録されたことについて、「一方的に中国の言い分だけで指定した」と指摘した。そのうえで、記者団が「ユネスコへの拠出金の停止や削減を検討するのか」と聞いたのに対し、「そういうことだ」と述べ、拠出金の停止や削減を検討する考えを示した。

菅官房長官、ユネスコ拠出金見直しも検討 世界記憶遺産:朝日新聞デジタル 2015/10/12 23:35)

菅氏は南京事件の犠牲者数に関し「事実をめぐり意見が分かれているのに、一方的に中国側の意向に基づいてユネスコが指定するのはおかしい」と疑問を呈した

この問題については、自民党の二階俊博総務会長が11日、「ユネスコが『(南京事件で)日本は悪い』というなら、ユネスコの資金はもう日本は協力しないと言えないとしょうがない」と述べ、拠出金の在り方を見直すべきだという考えを示していた

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

Photo gallery アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所 See Gallery