ライフスタイル
2015年10月12日 20時32分 JST | 更新 2015年10月12日 21時24分 JST

ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病に「生きてるうちはオレが守る」

ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイ(53)が、妻から病気を理由に離婚を切り出されていたことを明かした。「生きてるうちは、オレが守るから」と答えたという。

ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」

ミュージシャンのダイアモンド☆ユカイ(53)が12日、東京・ヤクルトホールでのデビュー30周年記念ライブ『流星のロケンロール』公演前に取材対応し、妻の病気がきっかけで離婚を切り出されていたことを明かした。

「結婚ブームでみんなから『ユカイさんのところは幸せでしょ』って言われるんだけど、去年そんなことがあって離婚話があった」と告白。目の検診に行った際、妻が徐々に視野が欠けていく緑内障にかかっていることが発覚し、失明の危険もあるため「迷惑かけられないから、別れましょう」と切り出されたのだという。

思わぬ告白に「生きてるうちは、オレが守るから」との言葉で乗り越えたというユカイは「ダイアモンド☆ユカイの妻って大変だと思うんですよ。だから、キャラにもないけど、泣きながら『いつもありがとう。お前しかいないから』と言ったんです。そしたら妻も『はい』と言ってくれて…一応、亭主関白なんで」と照れていた。

夫人の現状については「点眼とかで、とりあえず大丈夫です」と安堵。「今は治らない病気なんですけど、いつかは時代とともに薬ができてくれたらと祈ってる」と希望を託し、最後には「若くても緑内障になる可能性はあるので、目の検診は皆さんも怠らないようにしてください」と定期診断の必要性を訴えていた。

【関連記事】

関連記事

Photo gallery 結婚生活に関して過去5年の間にわかったこと See Gallery