NEWS
2015年10月28日 21時49分 JST | 更新 2015年10月29日 00時26分 JST

日本男子、37年ぶり団体金メダル 体操世界選手権【画像集】

イギリスで開かれている体操の世界選手権の男子団体で、日本が37年ぶりとなる金メダルを獲得した。オリンピックも含めると、日本が団体で金メダルを獲得したのは2004年のアテネオリンピック以来11年ぶりとなる。

日本は内村航平(コナミスポーツク)、田中佑典(同)、加藤凌平(順大)、早坂尚人(同)、萱和磨(同)、白井健三(日体大)のメンバーで出場、6種目で合計270.818点を獲得した。時事ドットコムなどが伝えた。

日本は1種目目のゆかから中国などを抑えて首位に立ち、エースの内村が6種目全てに出場し、最後の鉄棒で落下するミスはあったが、5種目で高得点を挙げた。

内村は世界選手権8個目の金メダルを獲得し、監物永三の7個を上回る日本選手最多となった。

時事ドットコム:日本男子、37年ぶり金=アテネ五輪以来の団体制覇-世界体操 2015/10/29 07:27)

イギリスが初めての表彰台となる2位に入り、中国は3位だった

gymnastics world championships glasgow 2015 japan

つり輪の演技をする内村航平

gymnastics world championships glasgow 2015 japan

鉄棒の演技をする加藤凌平

gymnastics world championships glasgow 2015 shirai

ゆかの演技をする白井健三

gymnastics world championships glasgow 2015 japan

あん馬の演技をする萱和磨

gymnastics world championships glasgow 2015 japan

金メダル獲得を喜ぶ内村航平(中央)や日本の選手ら

優勝した体操の日本男子

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています