NEWS
2015年10月31日 19時41分 JST | 更新 2015年10月31日 19時41分 JST

左から2番目は誰? 教科書に名前がない歴史人物が話題

この人の名前が出てこない教科書は、4社のなかで2社。

歌人の俵万智さんが10月31日、Twitterに歴史の教科書の画像を投稿し話題になっている。画像の中の、左から2人目だけに名前が表示されていないのだという。

左から2番目の人物は、佐賀藩出身の山口尚芳。薩長同盟の成立につくし、江戸開城に立ち会った人物だ。明治政府が1871年に欧米に派遣した岩倉使節団のなかでは、大久保利通や伊藤博文、木戸孝允らとともに副使を務めた。

宮城県が調査した2015年度の小学6年生向け社会科教科書の比較調査によると、山口の名前が出てくる教科書は教育出版と日本文教出版のものだけで、東京書籍と光村図書のものには出てこないという。

Photo gallery カラーでよみがえる 明治に生きた人たち See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています