NEWS
2015年11月21日 21時24分 JST

ベルギーのブリュッセル、テロ警戒レベルが最高に 現地はいま【画像集】

地下鉄、ショッピングセンターが営業をやめ、サッカーの試合も中止に。

Anadolu Agency via Getty Images
BRUSSELS, BELGIUM - NOVEMBER 21: Belgian security forces patrol on the streets as the Belgian authorities raised the terror alert to the level 4, highest level warning of an 'imminent threat', in Brussels, Belgium on November 21, 2015. Authorities warn the people keeping away from crowded areas as well as subway stations temporarily restricted for entrance. (Photo by Dursun Aydemir/Anadolu Agency/Getty Images)

ベルギー内務省の危機管理センターは11月21日、首都ブリュッセルでのテロ警戒レベルを、4段階の最高度である「レベル4」に引き上げた。パリ同時多発テロ以降、逃走した容疑者がベルギーに潜伏している可能性が排除できないことなどが原因。危機管理センターは人が集まる場所が危険だとしており、イベントの中止などを求めている。

これを受け、ブリュッセル首都圏交通(SITB)は地下鉄の運行を中止し、全ての地下鉄駅を閉鎖。午後にはブリュッセルにあるショッピングセンターも営業をとりやめ、サッカーの試合も中止になった

Photo gallery ベルギー・ブリュッセルの街 2015年11月21日 See Gallery

ブリュッセルは、パリ同時多発テロの首謀者とされ、18日のパリ郊外の制圧作戦で死亡したアブデルハミド・アバウド容疑者らの出身地。バタクラン劇場の襲撃に関与したとして国際手配中のサラ・アブデスラム容疑者はベルギーに向かったと見られているが、その行方はいまだに分かっていない。

ブリュッセルにはEUやNATOの本部などがあるが、現在、街中に軍のトラックなどが溢れ、さながら軍事基地のような状態になっているという。

Photo gallery パリ同時多発テロ See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています