NEWS
2015年12月14日 20時27分 JST

IS掃討「一段と迅速に成果挙げる必要」 オバマ大統領が見解

ARLINGTON, VA - DECEMBER 14:  (AFP OUT) U.S. President Barack Obama delivers a statement on the counter-ISIL campaign in the Pentagon briefing room December 14, 2015 in Arlington, Virginia. President Obama met previously with a National Security Council on the counter-ISIL campaign. (Photo by Olivier Douliery-Pool/Getty Images)
Pool via Getty Images
ARLINGTON, VA - DECEMBER 14: (AFP OUT) U.S. President Barack Obama delivers a statement on the counter-ISIL campaign in the Pentagon briefing room December 14, 2015 in Arlington, Virginia. President Obama met previously with a National Security Council on the counter-ISIL campaign. (Photo by Olivier Douliery-Pool/Getty Images)

[ワシントン 14日 ロイター] - オバマ米大統領は14日、過激派組織「イスラム国」がイラクやシリア掌握していた広範な支配地域を失いつつあるものの、イスラム国掃討を急ぐ必要があるとの見解を示した。

オバマ大統領は記者団に対し、イスラム国と戦う有志連合から一段の軍事貢献を取り付けるため、カーター国防長官を中東に派遣する方針を明らかにしたうえで、イスラム国との戦いで「一段と迅速に成果を挙げる必要があることを認識している」と語った。