ライフスタイル
2015年12月16日 02時25分 JST | 更新 2015年12月16日 02時50分 JST

エリザベス女王からの心温まる手紙。60年間クリスマスカードを送った男性の孫に届く

女王に即位した1952年から、ずっとカードを送り続けていた。

60年間、アンドリュー・サイムズさんの祖父はイギリスのエリザベス女王にクリスマスカードを送り続けた。

彼がこの習慣を始めたのは1952年、女王が即位した年だ。毎年送られてくるクリスマスカードのことを女王も気付いており、彼の100歳の誕生日にはお祝いのカードを送った。

2011年、彼は102歳で亡くなった。その年のクリスマス、サイムズさんは祖父に代って女王にカードを送ることにした。


その1ヶ月後に、サイムズさんはエリザベス女王自身から予想もしない手紙を受け取った。そこにはこう書かれていた。

「別のサイムズさんからのクリスマスカードを受け取った後、あなたのお祖父様の行方を調べるよう命じました。そして彼が亡くなったことを知って、本当に悲しく思いました。あなたとご家族に心からお悔やみを申し上げます」

手紙を受け取ったときの気持ちを、サイムズさんはFacebookに綴っている。「思わず涙がこぼれました。お互いにとって忘れられない存在となった2人のことを思いだすたびに、涙が出そうになります。今日、私は2015年のクリスマスカードを出しました。一番最初に送ったのは女王陛下です」

エリザベス女王は、国民を驚かすことで知られている。2015年の初めには、バースデーパーティーの招待状をくれた7歳の少女に、御礼の手紙を送り、少女を大喜びさせた。

また2012年には、マンチェスター市庁舎で行われていた結婚式に突然現れ、新郎新婦を仰天させた。「信じられないような出来事だった」と新郎はBBCに語っている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery あまりご機嫌のよくないエリザベス2世 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています