NEWS
2016年01月24日 21時00分 JST | 更新 2016年01月24日 21時16分 JST

琴奨菊が初優勝、初土俵から14年「最高ですね」 日本出身力士10年ぶり

初土俵から14年かかっての初優勝。

大相撲初場所(東京・両国国技館)千秋楽の1月24日、大関の琴奨菊(31)=本名・菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が14勝1敗で初優勝を果たした。日本出身力士の優勝は、2006年初場所の大関栃東以来、ちょうど10年ぶり。NHKニュースなどが報じた。

けがに苦しみ一時は引退も考えながら、ひたむきに前に出る相撲を取り続けた。初土俵から14年かかっての初優勝に、角界は感慨に包まれた。今場所後、2015年7月に結婚した祐未夫人と自身の誕生日である30日に挙式披露宴を開くという。自らの手で花を添えるドラマのような演出に、琴奨菊は「最高ですね」と微笑んだ。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Photo gallery 力士と結婚 See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています