ライフスタイル
2016年03月17日 16時40分 JST

働きすぎていませんか? 長時間労働で心臓病のリスクが高まることが判明

Businessman working late
Atsushi Sakai via Getty Images
Businessman working late

いつまでもオフィスに残っていないで、早く家に帰ろう。パソコンを持って帰ってはいけない。なぜなら、新研究によると残業は心臓に負担をかける行為だから。

週45時間以上働くと、心臓発作といった心臓の病気のリスクが高くなることが「職業病医学と環境医学ジャーナル」に掲載された研究でわかった。

研究では、労働時間と心臓の関係を調べるために10年間以上正社員として働いている1900人のデータを分析した。研究者たちが注目したのは、循環器系疾患の病歴だ。

その結果、働く時間が長くなるほど、心臓病のリスクが上がることがわかった。10年の間、週55時間働いていた人たちは、週平均45時間働いていた人々より16%リスクが高かった。さらに、週平均60時間働いていた人たちは35%も高かった。

これまでにも、長時間労働と心臓病の関係を調べた研究はあった。しかし今回の研究は、仕事が体に与える悪影響は、働く時間の長さに比例して増えるということを明らかにした

これ以外に、遅くまで働くのが習慣になると心臓発作の危険性が増すことや、集中力や気分にも悪い影響を及ぼすことも分かった。それだけではない。長時間働くことは実は生産性を下げてしまう。ある驚きの研究では、70時間働く人は55時間働く人と生産性が変わらなかった。

そうだとすると、15時間を無駄にしていることになる。オフィスで長時間働いているとき、この事実を思い出そう。そして家に帰ろう。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

忙しい人たちがリラックスする方法

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png