NEWS
2016年04月06日 15時37分 JST | 更新 2016年04月07日 00時24分 JST

気分はラスト・エンペラー、皇帝が暮らした「紫禁城」は凄まじいスケールだった(画像集)

明・清の歴代皇帝が住まいとした豪壮華麗な、かつての紫禁城(現 故宮博物院)の様子を画像集でお届けしよう。天安門広場から神武門まで、南から順に紹介する。

中国最後の統一王朝「清」が成立したのは今から380年前、1636年のことだ。中国東北部の国家「後金(こうきん)」を前身とする清は、やがて強大化。南進し、1644年には北京へ入城。それまで中国を支配した「明」の崩壊後、1912年に最後の皇帝・宣統帝(溥儀)が退位するまで約300年間にわたって中国を統治した。

故宮博物院・太和殿

明代に皇帝が暮らした「紫禁城」は清朝が継承。その面積は約72万平方メートルで、東京ドーム約15個分に相当する広大な宮殿だ。17世紀前半の反乱でほとんどが焼失し、現存する建造物は清代に再建されたものが多いが、創建当初の規模を今に伝えている。明・清時代の皇帝権力の強大さを示す象徴的な建造物と言えるだろう。

今回は、明・清の歴代皇帝が暮らした豪壮華麗な、かつての紫禁城(現 故宮博物院)の様子を画像集でお届けしよう。天安門広場から神武門まで、主要な建築を南から順に紹介する。

かつての紫禁城(現 故宮博物院)の全図/Google, Inc.