NEWS
2016年09月04日 15時28分 JST | 更新 2016年09月04日 15時35分 JST

小林麻央さん、がん発見後の後悔つづる「あのとき、、、あのとき、、、」

がんになってから分かった「後悔」について思いを打ち明けた。

乳がんで入院しているフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)が9月4日、自身のブログを更新し、がんになってから分かった「後悔」について思いを打ち明けた。

ブログでは冒頭、がんと闘病中の元プロボクサー、竹原慎二さんが、3日にブログで「麻央ちゃん 頑張れ〜 負けるな祈ってるよ」と書いたことに「すごいパンチ力でどストレートに深く響きました!ありがとうございます」と謝意を表明した。

その上で、竹原さんが「自分の身体を大事にすればよかった」と、がんになってから後悔したことをつづったことに関連して「私も後悔していること、あります」と、以下のように続けた。

あのとき、

もっと自分の身体を大切にすればよかった

あのとき、

もうひとつ病院に行けばよかった

あのとき、

信じなければよかった

あのとき、、、

あのとき、、、

解放|小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」Powered by Amebaより 2016-09-04 10:31)

「痛み止めを飲むのが嫌」だったという小林さんは、痛みで限界を感じて薬を飲んだときに「身体の痛みが和らいで、なんだかわからないけれど、『許されていく』感覚がした」といい、以下のように振り返ったという。

何で頑なに

こんなに自分を苦しめる必要が

あったのだろう。

私、悪いことしたから病気になった

わけでもないのに、

なんで勝手に罰みたいに

苦しんでいたのだろう。

(中略)それほどの意味もないのに、

それほどの理由もないのに、

自分を許さないなんて

あまりに自分に対して可哀想だったと

思います。