NEWS
2017年05月01日 19時56分 JST

「カリブの海賊」にジョニー・デップ本人登場 米ディズニーランドで

アメリカ・カルフォルニアにあるディズニーランドパークの人気アトラクション「パイレーツ・オブ・カリビアン(カリブの海賊)」に、同名の映画の主演を務めたジョニー・デップ本人が登場した。

ベイリーさんのTwitterより

アメリカ・カリフォルニアにあるディズニーランドパークの人気アトラクション「パイレーツ・オブ・カリビアン(カリブの海賊)」に、同名の映画の主演を務めたジョニー・デップ本人がサプライズで登場した。

テレグラフ紙によると、同作に登場するジャック・スパロウ姿になったジョニー・デップが4月26日、アトラクション内に登場。来場者がその様子が撮影した動画が、TwitterやInstagram上に投稿され、話題となった。アトラクションができて50年の記念イベントとして登場したという。

動画の中で、本物のジャック・スパロウが短剣を片手に、来場客に向かってボートから水に飛び込むように指示している。その直後に「本当に飛び込まないように」と念を押している。

動画を撮影したサラ・サリアンは、「ディズニーランドで素晴らしい体験をした」と、CNNの取材に対して話した。

この他にも、本人と気付いた客が「本物?本物なの?」と興奮気味に語りかけたり、ジョニー・デップが建物外に現れて来場客を沸かせたりする様子を撮影した動画が、ネット上に数多く投稿された。