NEWS
2017年07月22日 22時45分 JST

認可外保育も事故報告を義務化へ これまでの報告数をみてみると...

2017-07-23-1500772859-7677662-AS20170722003778_comm.jpg

認可外保育も事故報告義務化へ 再発防止狙い、今秋にも

 認可外の保育施設で子どもの重大な事故があった場合、施設側に自治体への報告が義務づけられることになった。今は報告義務は認可施設だけにあるが、厚生労働省が関連省令を改正して今秋にも対象を全施設に拡大する。事故原因の検証例を増やし、事故が起きやすいケースを把握して再発防止につなげる狙いだ。

 報告が新たに義務化されるのは、東京都の認証保育所など自治体が独自に補助する施設や、国や自治体の補助が一切ない駅前保育所、ベビーホテルといった全ての無認可保育施設。一時預かり事業や病児保育事業も対象だ。施設側から設置の届け出があったり、自治体が独自に運営を把握したりしている約2万5千施設となる。

 自治体への報告を求めるのは死亡や全治30日以上の重大事故で、子どもの年齢や発生場所、時間などの情報だ。報告を受けた自治体は、必要と判断した場合に第三者による検証委員会を設けて事故原因を調べ、再発防止に生かすことになっている。

(朝日新聞デジタル 2017年07月23日 01時39分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)