NEWS
2017年07月23日 17時07分 JST

ダイアナ元妃との最後の会話に「後悔」 ウィリアム・ヘンリー王子が明かす20年前の母の死(画像)

ウィリアム王子は、「2人とも『後でね』と電話を急いで切ろうとしていた。もしその後、何が起こるか知っていたら、そんなに気楽ではいられなかっただろう」と振り返った。

Tim Graham via Getty Images
LONDON, UNITED KINGDOM - OCTOBER 04: Princess Diana With Prince William And Prince Henry [harry] On The Piano At Home In Kensington Palace. ++ Dress Designed By Kanga (lady Dale Tryon) (Photo by Tim Graham/Getty Images)

イギリスのダイアナ元妃が1997年に事故で死亡してから間も無く20年になる。

ウィリアム・ヘンリー両王子が民放ITVのドキュメンタリー「ダイアナ、私たちの母:彼女の人生と遺産」の取材に対して、事故死直前の母親と電話で話をしていたことを初めて明らかにした。2人は当時、15歳と12歳だった。7月23日に放送内容の一部が公開された。

▼ダイアナ妃のファッション画像集が開きます▼

※表示されない場合はこちらへ。

テレグラフによると、2人は、休暇でスコットランドのバルモラル城に滞在中で、母親はパリに滞在していた。

ウィリアム王子は、「2人とも『後でね』と電話を急いで切ろうとしていた。もしその後、何が起こるか知っていたら、そんなに気楽ではいられなかっただろう」と振り返った。そして、「その時の電話での会話は、今でも深く心に残っている。とても深く」と語った。

また、ヘンリー王子は「何を話したのかは思い出せない。しかし、振り返るたびに何て短い会話だったのかと思う。死ぬまで後悔するだろう」と強い悔いが残っていることを明らかにしている。

一方で2人は母親との楽しかった思い出についても強調している。ウィリアム王子は「私たちの母親は完全に子供のようだった。私が今思い出せるのは、頭の中の彼女の笑い声です」と話す。また、孫にあたるジョージ王子とシャーロット王女にもダイアナ元妃の思い出をよく話しているのだという。「彼女は素敵なおばあちゃんだっただろう」

ドキュメンタリーは、ダイアナ元妃による、HIVや地雷禁止キャンペーンなど慈善事業を振り返っている。

ダイアナ元妃は1997年8月31日、恋人のドディ・アルファイド氏とパリ中心部を車で走行中、事故で亡くなった。