NEWS
2017年07月29日 00時29分 JST | 更新 2017年07月29日 00時37分 JST

戦艦長門、沈没から71年 「世界のビッグ7」を襲った原爆実験とは?(動画・画像集)

「世界のビッグ7」と呼ばれた旧日本海軍の戦艦「長門(ながと)」が米軍の原爆実験で沈没してから、7月29日で71年目を迎えた。

「世界のビッグ7」と呼ばれた旧日本海軍の戦艦「長門(ながと)」が米軍の原爆実験で沈没してから、7月29日で71年目を迎えた。

ベイカー爆弾の水中爆発の瀑布を受ける戦艦長門(左)

■「陸奥と長門は日本の誇り」と親しまれ

全長224メートル、排水量3万9130トン。1920年の完成当時としては世界最大の口径41センチの主砲を搭載していた。

ワシントン軍縮条約の結果、同様の主砲を搭載したのは世界で7隻のみに限られたため、「世界のビッグ7」と呼ばれた。姉妹艦の「陸奥(むつ)」と交互に連合艦隊の旗艦を務めていた。

条約の失効後、より強力な46cm主砲を搭載した戦艦「大和」「武蔵」が完成したが、これらの艦は戦中は存在自体が秘密とされていた。そのため、長門は国民の間で「海軍最強の戦艦」として広く親しまれた。「陸奥と長門は日本の誇り」とカルタに記されるほどだった。

1944年10月、ブルネイに停泊中の長門

ところが、太平洋戦争が勃発すると、すでに戦艦は時代遅れになっていた。攻撃の主体は、空母による航空戦力や潜水艦が担っていた。長門の活躍する場はなく、マリアナ沖海戦で対空射撃や、レイテ沖海戦で砲撃戦をした程度だ。

1945年の終戦時は損傷だらけだったが、旧日本海軍では唯一航行可能な戦艦として横須賀に停泊していた。

■ビキニ環礁での原爆実験の標的に

ビキニ環礁でベイカー爆弾が水中爆発したときの写真

戦後、アメリカ軍に接収された長門は、1946年に南太平洋へと向かった。戦闘のためではない。ビキニ環礁での原爆実験「クロスロード作戦」の標的となるためだ。

実験の目的は、艦船などに対する核兵器の威力を検証することだった。アメリカ海軍の老朽艦を含む約70隻の艦艇が標的としてビキニ諸島に集められた。

長門は7月1日に投下されたエイブル爆弾の投下には持ちこたえたが、7月25日にベイカー爆弾が水中爆発すると、4日後の29日には沈没していた。

現在、長門は上下逆さとなった状態で、水深30mの海底に沈んでいる。現在はスキューバ・ダイビングの名所だが、放射線の影響があることから、艦体に直接ダイバーが触れる事は危険だ。

【動画】ベーカー実験

【画像集】往年の戦艦長門

Photo gallery 戦艦長門 See Gallery

(※開かない場合は、こちらへ)