ライフスタイル
2017年12月13日 16時04分 JST | 更新 2017年12月13日 18時10分 JST

細身モデルがすっぽり入る「大きなサイズタイツ」広告。これってあり?なし?

「なんでわざわざこんな演出するの」という声も。

ネット通販「Wish」が売り出した、大きいサイズタイツの広告が、Twitter上で物議を醸している。

Wishの広告で使われているのは、タイツに細身のモデルが全身を入れる写真。タイツの片足部分に、細身モデルが両足を入れている写真もある。

WISHCOM

広告の意図は、タイツがどれだけ大きいかを伝えることだと思われる。

しかし、不快な思いをしている消費者もいるようだ。「嫌な気持ちになる」という声がTwitterに投稿されている。

「(皮肉的に)これ、とても良い広告」

「自分の洋服のサイズを、痩せてる人が何人入るかで知るって、本当に素晴らしい」

「大きなサイズのモデルを使う代わりに、細身のモデルを使う。それもどうしようもないやり方で」

Wishはサンフランシスコを拠点にする会社で、中国でつくった製品を格安価格で販売している。

類似の商品は、他のサイトでも売られており、Googleで「magic tights」と検索すると、細身モデルが全身をいれた写真や、片足部分に両足を入れた画像が表示される。

eBayで売られている「伸縮性のあるナイロンマジカルタイツ」やAmazonの「マジカルタイト・シルクストッキング」で使われているのも、同様の写真だ。

プラスサイズモデルを使えばいい商品に、なぜわざわざ細身のモデルを使うのか、という疑問を投げかける人もいる。

「プラスサイズモデルを使った方が、ずっと簡単で現実的な広告になるのに。この広告は、すごく非現実的。大きなサイズ体型の人が履いたらどう見えるのかわからないし、不快」

反発はあるが、今のところWishは同じ画像で販売を続けている。この写真を使う理由を尋ねたハフポストカナダ版に対し、Wishは次のようにコメントした。

「Wishのサイトに掲載されている製品は、世界中から集めたもので、商品はそれぞれの発売元が責任を持っています。我々が知っているのは、商品説明にある情報だけです。さらなる情報については、商品を注文して、発売元のお店と直接連絡をとってください」

ハフポストカナダ版の記事を翻訳しました。


ハフポスト日本版では、「女性のカラダについてもっとオープンに話せる社会になって欲しい」という思いから、『Ladies Be Open』を立ち上げました。
女性のカラダはデリケートで、一人ひとりがみんな違う。だからこそ、その声を形にしたい。そして、みんなが話しやすい空気や会話できる場所を創っていきたいと思っています。
みなさんの「女性のカラダ」に関する体験や思いを聞かせてください。 ハッシュタグ #ladiesbeopen #もっと話そうカラダのこと も用意しました。 メールもお待ちしています。⇒ladiesbeopen@huffingtonpost.jp