アート&カルチャー
2017年12月17日 19時14分 JST | 更新 2017年12月17日 19時18分 JST

ウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」が放送50年、アンヌ隊員の女優が解禁を祈るメッセージ

「実相寺昭雄・佐々木守さんを偲んで解禁をお祈りしましょう」と、ひし美ゆり子さん

アンヌ隊員を演じる女優・ひし美ゆり子さん。「アンヌ今昔物語」(小学館)より
小学館
アンヌ隊員を演じる女優・ひし美ゆり子さん。「アンヌ今昔物語」(小学館)より

12月17日午後7時、幻の特撮番組が放送されてから50周年を迎えた。現在は欠番となっているウルトラセブン第12話「遊星より愛をこめて」だ。

ヒロインのアンヌ隊員を演じた女優・ひし美ゆり子さんが同日夕方、故人となったスタッフを偲びつつ解禁を祈るメッセージをTwitterに投稿した。

【関連記事】

■ウルトラセブン第12話とは?

問題の「ウルトラセブン」の第12話は1967年12月17日にTBS系で放送された。

「スペリウム爆弾」の実験で、放射能による健康被害に悩んだ宇宙人「スペル星人」が、腕時計に似せた道具を使って、地球人の血液を集めるというストーリーだ。スペル星人は、真っ白な体にケロイド状の火傷の跡がついた、核爆弾で被爆したような痛々しい姿だった。

当時はアメリカとソ連の間の冷戦のまっさかり。軍事的な緊張が高まっていた。

脚本家・佐々木守さんは12話に込めた思いを「核実験反対ということだった」。実相寺昭雄監督も「被爆のない国へ、がテーマ」と生前に筆者のインタビューに答えていたが、両人ともすでに亡くなっている。

小学館
『小学二年生』付録の「かいじゅうけっせんカード」に掲載されたスペル星人。裏面(右)の「ひばくせい人」の記載が問題視された

第12話は、実相寺監督の前衛的な映像表現もあり、放送時は問題にはならなかった。しかし3年後の1970年、小学館の学年誌『小学2年生』の付録についた怪獣カードで「ひばく星人」というニックネームで紹介されたことが大きな騒動となった。

被爆者団体などから「被爆者を怪獣扱いするもの」として抗議が殺到したことを受けて、制作元の円谷プロは「今後一切、スペル星人に関する資料の提供を差し控える」と約束した。

こうして第12話は欠番となり、再放送やメディア収録されない幻の作品となった。

■放送50年、ファンの思いは?

12月17日、放送50年を迎えるのを機に、特撮ファンからは作品の復活を望む声が続々とTwitterに寄せられた。

「作品への謂れなき指弾が、1日でも早く終わることを祈ります」「被爆者をモンスターにしている訳でもない」「もう一度蘇って欲しい」と思い思いの言葉で、解禁への願いを投稿していた。