NEWS
2017年12月30日 10時12分 JST | 更新 2017年12月30日 12時22分 JST

「俺、解雇になるから絶対内緒ね」 と口止め。男性教師にセクハラ受けた女子生徒がPTSDに

性体験の有無を尋ねたり、LINEの連絡先を交換したりしました。

写真はイメージ
Getty Images/iStockphoto
写真はイメージ

埼玉県三郷市の市立中学校で、20代の男性教師にセクハラを受けた女子生徒が、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になっていたと、産経ニュースなどが伝えた。問題の教師は、女子生徒に性体験の有無について尋ねたり、LINEの連絡先を交換したりした。

FNNニュースによれば、男性教師は「俺、解雇になるから絶対内緒ね」と口止めをしていたという。

被害を受けた女子生徒が、女性教師に相談し発覚。女子生徒はPTSDと診断されており、学校には出席を続けているが、保健室で過ごすことが増えたという。

男性教師は、学校の調べに対し言動を認めたうえで、自分が教師に適していないとして、11月30日付で自主的に退職した。

同市教委は「たいへん遺憾。再発防止を図り、信頼回復に努めたい」と産経ニュースの取材に対しコメントした。

ハフポストの記事を読む

HUFFPOST JAPAN
​​​​​​​

2017年、たくさんの広告が炎上した。嫌われない広告の法則を考える[sponsored]

​​​​​​​

BMWジャパン社長とハフポスト編集長がドライブ。車内で語った「クルマの未来」全文掲載[sponsored]