NEWS
2018年01月12日 09時18分 JST | 更新 2018年01月12日 12時09分 JST

信越本線が大雪で立ち往生 430人が半日以上も電車に閉じ込められる

電車は午後10時半前に移動を開始しました。

※写真はイメージです
AC photo
※写真はイメージです

JR信越本線の普通電車が1月11日夜、大雪の影響で新潟県三条市内で動けなくなった。電車は半日以上経った12日午前9時現在でも線路上で止まったままで、乗客約430人が車内に取り残されている。NHKニュースなどが報じた。

止まっているのは、新潟発長岡行の普通電車(4両編成)。11日午後7時ごろ、東光寺ー帯織駅間の踏切近くで、線路上に積もった雪の影響で動けなくなった。現場は東光寺駅からは約300メートルほど離れた場所とみられる。

朝日新聞デジタルによると、車内は暖房が機能しているが、立ったまま待っている乗客もいる。12日未明ごろには、脱水症状を訴えた乗客の40代男性が病院に搬送されたほか、乗客の女性2人も体調不良を訴え消防に救助された。

JRは復旧作業に進める一方で、乗客に水や食料を届けた。

共同ニュースによると、家族が迎えに来るなどした一部の乗客が電車を降り、線路伝いに歩いて避難した。

信越本線では他にも、見附と東三条、羽生田の3つの駅でも別の電車が立ち往生しており、車内には乗客の一部が取り残されている。

Twitter上には、車内に取り残されたとみられる人たちが、車内の様子をつづるツイートが溢れかえった。

「もうすぐ電車乗って12時間経つんか」

「電車の中にトイレあって食料と一緒にトイレットペーパーも運ばれたからいいんだけど所詮電車の中のトイレなので詰まってやばい」

【UPDATE 2017/01/12 10:45】

NHKニュースによると、雪の影響で立ち往生していたJR信越線の普通電車が、午後10時半前に移動を始めた。

ハフポストの記事をもっと読む

「忖度」を知らないAIに、会社は経営できない。将来なくなる仕事・続く仕事の違いとは[Sponsored]

冬のボーナス、あなたの会社は増える?もうかっている業種トップ3は...[Sponsored]