NEWS
2018年01月19日 15時03分 JST | 更新 2018年01月19日 15時04分 JST

ビットコイン規制、ドイツとフランスがG20会合で共同提案へ

「市民に対して、リスクを説明し、規制でリスクを低減するという責任が我々にはある」

ビットコインのイメージ画像
Ints Kalnins / Reuters
ビットコインのイメージ画像

独仏、ビットコイン規制を共同提案へ G20財務相会合

仮想通貨「ビットコイン」について、ドイツとフランスが国際的な規制を呼びかける。金融緩和による世界的なカネ余りの中、仮想通貨への投機が過熱し、価格の乱高下で取引リスクへの懸念が強まっているためだ。3月にアルゼンチンで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議での議題としたい考えだ。

18日に独仏の関係閣僚がパリで共同記者会見して明らかにした。ルメール仏経済・財務相は「われわれは同様の懸念をいだいており、ビットコインを規制したいという考えを共有している」と述べた。

ビットコイン取引のリスクを共同で分析したうえで規制案をつくり、G20会合で提案する。具体的な作業はフランス銀行(中央銀行)の元幹部に依頼しているという。アルトマイヤー独財務相も「市民に対して、リスクを説明し、規制でリスクを低減するという責任が我々にはある」と述べた。

(朝日新聞デジタル 2018年01月19日 11時07分)
関連ニュース