NEWS
2018年01月23日 14時29分 JST | 更新 2018年01月23日 14時29分 JST

住吉都さん死去、30歳の若さで スケート女子ソチ五輪代表

平昌オリンピック代表選考会に出場したが、代表の座を逃していた。

ソチオリンピックに出場した住吉都選手 (RUSSIA - Tags: SPORT OLYMPICS SPEED SKATING)
Phil Noble / Reuters
ソチオリンピックに出場した住吉都選手 (RUSSIA - Tags: SPORT OLYMPICS SPEED SKATING)

ソチ冬季オリンピック代表の住吉都(すみよし・みやこ)選手が、1月20日に長野市内の自室で死去していたことが分かった。23日、毎日新聞などが報じた。30歳だった。死因などは公表していない。通夜、葬儀は遺族の希望により非公表。

北海道出身の住吉選手は、平昌オリンピック代表の小平奈緒(相沢病院)と信州大で同級生だった。ソチオリンピックは女子500メートルで14位、1000メートルで22位だった。

2017年12月末の平昌オリンピック代表選考会に出場したが、代表の座を逃していた