NEWS
2018年02月04日 18時47分 JST | 更新 2018年02月04日 18時48分 JST

はれのひの被害者、1カ月遅れの晴れ姿 キンコン西野が『成人式』をプレゼント

無償で振り袖の貸し出しや着付け、プロのカメラマンによる撮影が行われました。

※写真は、1月8日に開催された横浜市の成人式。一部の新成人に晴れ着が届かないトラブルがありました。
Getty Images,
※写真は、1月8日に開催された横浜市の成人式。一部の新成人に晴れ着が届かないトラブルがありました。

1カ月遅れで晴れ着姿で成人式を迎えたーー。 振り袖の販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が突然営業停止した影響で、成人式で晴れ着を切られなかった新成人を祝福するイベントが2月4日、横浜市内で開かれた。

この会は、人気お笑いコンビ・キングコングの西野亮広さんが呼び掛けた「あらためて新成人を祝う会」。趣旨に賛同した着物レンタル業者などが協力し、会場では無償で振り袖の貸し出しや着付け、プロのカメラマンによる撮影が行われた。

共同ニュースによると、はれのひの被害者、成人式に出られなかった約100人が参加し、晴れ着姿に笑顔を見せた。

「はれのひ」から着物を購入したが、当日になっても届かなかった女性は、時事通信社の取材に対して「うれしかった。当日は着物探しに奔走して友人と会えなかったから、きょうはゆっくりと会える」と喜びを語った。

西野さんはこの日のブログで、会場設営の様子を撮影した写真を公開。「なんとか時間を作って会議を繰り返したのも、寒い中、現場の下見に行ってくれたのも、会場を設営してくれたのも、当日(今日)動いてくれているのも、僕ではなく、数百人のスタッフです」と、協力してくれた関係者をねぎらった。

成人式をプレゼントする動きは他にもある。「はれのひ」の被害にあった新成人が相次いだ東京・八王子でも、2月12日に同様のイベントが開催される予定だ。