特集
2018年02月16日 15時45分 JST | 更新 2018年02月16日 17時10分 JST

雨にいら立ったフランスの市長、前代未聞の条例を発表

まじめにふざけている

Julien Brachhammer via Getty Images
(イメージ画像)

「日中の雨量はすでに十分であることを鑑み......」

2017年12月から1月の期間、フランスでは、59年ぶりに最大降水量を更新していた

西部の地、ヴァンデ県・シャランも例外ではなかった。市長のセルジュ・ロンドー氏は、連日の雨や雪にうんざりしていた。本当にうんざりしていた。

そこで何を思ったかこの市長、市の公式Twitterアカウント上で、ある条例を発表した。

なんとその条例は――「月曜日から日曜日の昼間の日照」を義務づけるものだ。

もちろん冗談なのだが、形式はホンモノそっくりで、署名や公印まで付す気合の入れようである。

日照の義務に関する市の条例

しかし市長も太っ腹で、1週間のうち3晩だけは「地下水の水位を保つため」、雨が降ってもよいとしている。

我々にできるのは、条例の施行を担当する市の職員や、県憲兵隊の指揮官、市警察の責任者の健闘を祈ることだけだ。

もしかすると彼らに、仕事がふってくるかもしれないのだから......。

ハフポスト・フランス版より翻訳・加筆しました。