これからの経済
2018年02月18日 19時28分 JST | 更新 2018年02月19日 11時31分 JST

虹色のバーバリーが、あなたを魅了する。秋冬コレクションはLGBTQ支援を全面に(画像集)

バーバリーチェックにレインボーカラーが織り込まれた。

イギリスのファッションブランド「バーバリー」は2月17日、ロンドン・ファッション・ウィークで開催した2018-19年秋冬コレクションで、LGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア)を象徴するレインボーカラーのアイテムを発表した。

2001年にバーバリーのデザインディレクターに就任し、2018年3月末にプレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を退任するクリストファー・ベイリーにとっては、最後のコレクションとなった。彼は今回のコレクションを通して、多様性を受け入れる象徴ともいえるレインボーカラーを施した。

SAMIR HUSSEIN VIA GETTY IMAGES

BEN STANSALL VIA GETTY IMAGES

ISABEL INFANTES - PA IMAGES VIA GETTY IMAGES

BEN STANSALL VIA GETTY IMAGES

GARETH CATTERMOLE/BFC VIA GETTY IMAGES

BURBERRY

ブランドを象徴するバーバリーチェックに織り込まれたレインボーストライプから、派手なストライプのケープまで、コレクションのランウェイは、レインボーカラーに彩られた。

バーバリーはメッセージだけでなく、行動でも示した。バーバリーは、3つの慈善団体「アルバート・ケネディ・トラスト」「イルガワールド」「トレバープロジェクト」に寄付し(金額は非公開)、LGBTQコミュニティへのサポートを世界中に広げるための貢献をした。

「私の最後のコレクションは、世界中のLGBTQの若者を支援する最も優れた団体を支援、支持するために捧げました」と、ベイリーは語った。「多様性こそが私たちの強みや創造力であると発信するのに、今回のコレクションは最もふさわしい時なのです」

ファッション界やエンタメ界で、LGBTQを支援する動きは着実に広がっている。

ベイリーの盟友で、ロンドンファッションウィークで常連のデザイナー、アシシュ・グプタも長年ランウェイでレインボーカラーと多様性を支持してきた。

テレビ番組の人気司会者ホリー・ウィロビーは2017年9月、トーク番組「ジョナサン・ロス・ショー」に出演した際、レインボーカラーに彩られたアシシュの洋服を身にまとった写真をInstagramに投稿した。

✨🌈✨🌈✨🌈

Holly Willoughbyさん(@hollywilloughby)がシェアした投稿 -

レインボーカラーのバーバリーコレクションは、レザートップのスニーカーなどが購入できる

バーバリー以外にも、注目すべきレインボーカラーのアイテムがある。

コンバースのレインボーカラーのシューズ「チャックテイラー・オールスター・ブライド・ジオスター」(利益のすべては、LGBTQの若者をサポートする団体へ寄付される)や、LGBTQ支援団体「ストーンウォール」が発売している、レインボーカラーの靴ひもなども購入可能だ。

Do you have a pair of #RainbowLaces yet? Grab yours now at www.stonewall.org.uk/shop

Stonewallさん(@stonewalluk)がシェアした投稿 -

ハフポストUK版より翻訳・加筆しました。