NEWS
2018年02月23日 23時07分 JST | 更新 2018年02月23日 23時19分 JST

カーリング女子準決勝、日韓の激戦を制したのは韓国だった。平昌オリンピック

司令塔同士の対決も関心が集まった

日本の藤沢五月選手(左)と、韓国のキム・ウンジョン選手
時事通信社/EPA時事
日本の藤沢五月選手(左)と、韓国のキム・ウンジョン選手

氷上の日韓戦を制したのは韓国だった。

平昌オリンピックのカーリング女子で2月23日、日本と韓国が準決勝で対決し、韓国が勝利した。韓国が先行する展開だったが、第10エンドに日本は追いつき7-7で延長戦に突入していた。

15日の1次リーグでは日本が7-5で逆転勝ちしたが、韓国は日本以外の全試合で1次リーグで勝つなど絶好調だった。

この試合ではスキップ(司令塔)同士の対決も関心が集まった。人気急上昇中の藤沢五月選手(26)と、「メガネ先輩」のニックネームで知られるキム・ウンジョン選手(27)だ。

Photo galleryカーリング準決勝・日韓戦 See Gallery