WORLD
2018年02月23日 23時41分 JST | 更新 2018年02月24日 13時51分 JST

「メガネ先輩」、ついにメガネを外した。そして泣いた(カーリング女子)

日本を破った韓国チーム主将のキム・ウンジョン選手 平昌オリンピック

平昌オリンピックのカーリング女子準決勝で2月23日、韓国は日本を破って決勝進出が決まった。

韓国チーム主将のキム・ウンジョン選手(27)は、競技中にかける大きなメガネが印象的だ。「メガネ先輩」の愛称で韓国内で親しまれている。

John Sibley / Reuters
メガネをかけたキム・ウンジョン選手

競技中はいつもメガネをかけて真剣な表情を崩さなかった。しかし今回の試合終了後、ついにメガネを外した。

そして泣いた。

John Sibley / Reuters

EPA=時事

EPA=時事

EPA=時事

EPA=時事

韓国公共テレビ局「KBS」では、実況で解説者が「私たちのメガネ先輩がメガネを外しました!」と絶叫した。

【訂正】初出時、「一人の女性に戻った」など、選手の性別をことさらに強調する表現がありました。不適切だと判断し、削除してお詫びいたします。

カーリング準決勝・日韓戦