NEWS
2018年02月25日 17時49分 JST | 更新 2018年02月25日 17時49分 JST

これが、日本人メダリスト16人だ。連覇や2冠に初めてのメダル、喜びの瞬間をもう一度(画像)

本当にお疲れさまでした。

Getty / Reuter

平昌オリンピックは最終日の2月25日、全ての競技が終わった。日本勢は冬季最多となる13個(金4、銀5、銅4)のメダルを獲得し、メダル獲得総数で全体11位だった

羽生結弦がフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる五輪連覇を成し遂げたほか、スピードスケート女子の高木菜那が個人(マススタート)と団体で2冠を達成するなど、日本のファンを湧かせた。

これが、日本人メダリスト16人の勇姿、喜びの瞬間だ。

【金メダル】

羽生結弦(フィギュアスケート男子シングル)

Lucy Nicholson / Reuters

小平奈緒(スピードスケート女子500m)

Damir Sagolj / Reuters

Phil Noble / Reuters

高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花(スピードスケート女子団体パシュート)

John Sibley / Reuters

Phil Noble / Reuters

高木菜那(スピードスケート女子マススタート)

Lucy Nicholson / Reuters

【銀メダル】

高木美帆(スピードスケート女子1500m)

Phil Noble / Reuters

平野歩夢(スノーボード男子ハーフパイプ)

Dylan Martinez / Reuters

Issei Kato / Reuters

渡部暁斗(ノルディク複合個人ノーマルヒル)

Getty Images

Alexander Hassenstein via Getty Images

宇野昌磨(フィギュアスケート男子シングル)

Getty Images

小平奈緒(スピードスケート女子1000m)

DIMITAR DILKOFF via Getty Images

【銅メダル】

原大智(男子モーグル)

Issei Kato / Reuters

MARTIN BUREAU via Getty Images

高梨沙羅(スキージャンプ女子ノーマルヒル)

Dominic Ebenbichler / Reuters

Dominic Ebenbichler / Reuters

藤沢五月、吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、本橋麻里(カーリング女子)

Robert Cianflone via Getty Images

John Sibley / Reuters

高木美帆(スピードスケート女子1000m)

AFP/Getty Images

16人のメダリスト

Getty / Reuter