あの人のことば
2018年03月04日 14時53分 JST | 更新 2018年03月04日 19時04分 JST

「羽生結弦を育てた男」ブライアン・オーサーが語ったスケート論。そしてキム・ヨナとの決別

「若い選手を抜擢する時に必ず見るのは…」

「4回転だけのために、フィギュアスケートの神髄を忘れたくはないのです」

「若い選手を抜擢する時に必ず見るのは、フィギュアスケートを愛しているかどうかです」

記者を前に、熱くフィギュアスケート論を語る人物。彼こそが羽生結弦、そしてハビエル・フェルナンデスの2人を平昌のメダルに導いた名コーチ、ブライアン・オーサーだ。

Koki Nagahama via Getty Images
「フィギュアスケート・四大陸選手権」男子フリー演技の得点を見て喜ぶ羽生結弦。左はコーチのブライアン・オーサー氏=江陵(2017年2月撮影)

オーサーは初めての教え子、キム・ヨナを世界チャンプに導き、指導者としての高い実力を見せつけた。ヨナと2010年に決別した後も、何人もの選手を育て上げている。

自らもフィギュア選手として、1984年のサラエボ、1988年のカルガリーオリンピックに出場。選手として、コーチとして、数々のオリンピックを経験した彼は、平昌オリンピックをどう見たのだろうか。

ブライアン・オーサーが、ハフポスト韓国版の単独インタビューに応じて語った。

――平昌冬季オリンピックは、他のオリンピックとどのように違いましたか? 特に良かった点があるとすれば?

冬季オリンピックは、寒い場所で開かないといけません。だから、今回の冬季オリンピックは特に良かったですね。前回までいくつかの国では暖かくて、準備してくれたスキーウェアを着ていられませんでした。

バンクーバー冬季オリンピックのときはプラス15度だったし、ソチも同じでした。太陽がギラギラして暖かく、みんなTシャツを着ていて、冬服を着る場面もありませんでした。

しかし、ここに初めて到着した時は氷点下20度でした。ついに冬服を着られたんです。

――選手団が準備した服で、江陵の猛烈な寒さに耐えられましたか?

もちろん。5カ国の選手を教えていると言ったでしょう? だから、私には選択肢が多いんです。

――ほかには?

平昌冬季オリンピックは、度を超した華やかさはなく、スポーツの神髄と、選手に集中していると思いました。

ソチも本当に楽しかったんですが、まるで「オリンピック・ディズニーワールド」でした。LED照明をたくさん使用し、かっこよさを出そうとしたからです。

平昌はもう少し「ありのまま」のように感じられます。そのため、他のことよりも選手に集中しているように見えました。

だからといって派手な部分が全くなかったわけではないですよ。開会式は、本当に素晴らしいものでした。

Huffpost Korea/Yoonsup Lee
キャプション:チームコリアのジャケットを着たオーサー

――開会式はどうでした?

開会式は、私には本当に特別に感じられました。キム・ヨナが最後に聖火を点火する場面は本当に美しかった。目に涙が浮かびそうでした。キム・ヨナを育てた自負心があるからです。

今回のオリンピックが、彼女にとっていかに重要であるか知っています。彼女はオリンピックの招致活動に参加しましたし、組織委員会のメンバーですからね。

Dean Mouhtaropoulos via Getty Images
平昌オリンピックに登場したキム・ヨナ。2018年2月9日、韓国・平昌。

――キム・ヨナが登場したとき、みんな涙を浮かべたでしょう。

そうです。私は特にそうでした。美しい場面でしたし、完璧な選択でした。

(編集部注:オーサーは、決別した元教え子のキム・ヨナとの関係性について、自ら口を開いた。オーサーとキム・ヨナはバンクーバー五輪後、「コーチ解任」をめぐって非難の応酬を繰り広げた。その理由を巡っては、様々な憶測が乱れ飛んだが、真相はいまも明らかになっていない)

■キム・ヨナ

Simon Newman / Reuters
キム・ヨナ(左)、ブライアン・オーサー(右)。2010年2月26日、カナダ・バンクーバー。

――キム・ヨナはスケートを愛していたのですか?

指導し始めたとき、ヨナはスケートを本当に愛しているようには見えなかった。だから私にも大きな挑戦になると思いました。

しかし、1年半の練習の最後に、美しくしっかりした基礎を築き、ヨナもスケートを愛するようになりました。実力がどんどん向上したので、練習も好きになったように見えました。

練習を通じて、ヨナ自身も知らなかった、自らの美しい動きやジャンプ力などに気づいたようでした。

ヨナの繊細な動きは、息を呑むほど美しいものでした。彼女が成長する姿を見るのは本当に楽しかった。

――キム・ヨナが引退を宣言したときはどんな気持ちでしたか?

私たちは、残念な別れ方をしました。そのことはずっと私を混乱させています。しかし私は前に進まなければならなかった。仕事も続けなければなりません。あのとき以降も何度か会ったときには、お互いとてもフレンドリーでした。

私のコーチとしての成果を、ヨナは誇りに思ってくれています。ソチで会った時は結弦の成績を祝ってくれましたし、ハビエルについてもおめでとうと言ってくれました。

私が思うに、ヨナは私が前に進み、他の選手たちと素晴らしい成果を成し遂げたことが誇らしいようです。だから、ここ(平昌)でヨナと会えることを願っています。

Andy Clark / Reuters
2009年2月6日、カナダ・バンクーバー。

私たちは長い時間を共にしました。いくつもの素晴らしい瞬間を共にし、時には良くない瞬間もありましたが、私たちはそんな時も一緒でした。

ヨナが引退したときは悲しかった。誰もが氷の上に立つヨナの姿を愛しているからです。

――平昌でキム・ヨナと会う機会がありましたか?

まだ会っていません。ヨナがあまりに有名なので近付きにくい部分もあります。ヨナも自分の役割に合わせてオリンピックのスケジュールをこなすのに忙しく、私もコーチとして、スケジュールをこなしています。おそらく女子フリープログラムで会うかもしれません。挨拶でもできればいいんですが。

■教え子、チャ・ジュンファン

Getty Images
チャ・ジュンファン(中央)。2018年2月16日、韓国・江陵。

ーー今回のオリンピックはチャ・ジュンファンのオリンピックデビューでした。チャ・ジュンファンはどのような目標を持って、今回のオリンピックに臨んだのですか?

実は、私たちの最初の目標は、オリンピック出場権を得ることでした。チャ・ジュンファンがオリンピック出場権争いに参戦したのは、今年が初めてでした。

韓国フィギュア界には期待の星が3人います。チャ・ジュンファンのほか、あとの2人は世界選手権とシニア大会での経験が多少あります。

7月から準備を始めましたが、当時は負傷もあり、スケートの問題もあったうえ、新しいプログラムを組まなければならないなど、準備ができていない状態でした。

身体的な困難もありました。私がジュンファンと共にした3年間、彼は本当に成長しました。フィギュアスケートは、体の「軸」が最も重要です。

体の成長につれて重心と軸も変化し続け、以前のように素早く回転することができなくなる。挫折の連続でした。

選手はもちろん、選手の努力する姿を見守り続けてきたコーチも気が気ではありません。そしてフィギュアスケートをよく知らない親たちも不安を口にします。だから忍耐力を養わなければなりませんでした。

最初の大会でジュンファンは1位から24点離されていました。その次の大会では3点リードされ、3大会目で少なくともトップの選手を27点上回らないといけない状況でした。

だからジュンファンに、昨年の大会で2人の選手に50〜60点差で勝ったという事実を思い出させたのです。そして彼は出場権を獲得しました。

彼ら(韓国スケート連盟)の選択は正しかったと思います。将来を考えなければならないからです。オリンピックの経験がジュンファンにどのような意味を持つのか、今後どのような力を与えるかを考慮する必要があります。

ジュンファンは誰も失望させませんでした。

――チャ・ジュンファンはどんな選手ですか?

AFP/Getty Images
2018年2月16日、韓国・江陵。

彼は世界トップ5~7位以内に入る選手だと思うかって? そうです。他の人たちもそう思うかって? いいえ。審判も人間です。頭の中に選手が獲得するスコアを事前に考えています。

チャ・ジュンファンの演技は深い感銘を与えたかもしれませんが、まだ審判たちの考えるスコアを捨てるのが怖かったのかもしれません。

しかし、もしジュンファンが今後いい演技を見せてくれたら、審判も彼をさらに信じられるでしょう。

ジュンファンは今、8点台の技術の境界線に立っています。8点の技術を体得したら、次の目標は、9点の技術に成功することです。ゆっくり進まないといけません。いつかそうなるでしょう。我慢強く待つべきです。

――チャ・ジュンファンに弱点があるとすれば?

特に大きな弱点はありません。あえて一つ挙げるなら「責任感」でしょう。(子供の頃は)毎日の練習を自分から進んでやる子ではありませんでした。

チャ・ジュンファンは誰かの言う通りやって、あるいは誰か他人が望むように考えることに慣れていた。しかし今や、自分の意見と自分の声ができました。私に意見を言うように教えたいのです。

もし音楽や振り付け、技術の順序が気に入らない場合、声を上げてほしいのです。

彼は主導的に意見を言えるぐらい成長したと思います。今回のオリンピックのおかげで青年に成長することができましたし、自分の意思決定に責任を持つ準備ができたと思います。

ジュンファンはもう、次のステップに行く準備ができました。

――チャ・ジュンファンも4回転ジャンプを飛ばなければならないというプレッシャーを感じているんでしょうか?

チャ・ジュンファンは、4回転ジャンプが飛べますし、すでに4回転トーループを成功しています。しかし、あまり焦って4回転ジャンプを飛ばせたくない。ケガをしてほしくないからです。

4回転ジャンプを無理に飛ぼうとして、ケガをする選手をあまりにもたくさん見てきました。重要なのは、他の技に続けて4回転をできるのかということ。

4回転自体も重要です。しかし、ルッツ、フリップと続けて、トリプルアクセルを飛んだ後に、4回転トーループを飛べるかどうかが、より重要なんです。

それこそが真の芸術であり、簡単にはできないことです。

個人的には、4回転ジャンプに捕われたくありません。4回転だけのために、フィギュアスケートの神髄を忘れたくはないのです。

もしスケート技術、トランジション、振り付け、スピードとパワーが採点対象にならないのなら、私たちは4回転を強制するしかありません。それは本当に悲しいことです。

――チャ・ジュンファンの次の目標は何ですか?

チャ・ジュンファンの次の目標は、グランプリシーズンに向けて準備することです。彼が真摯な選手として受け入れられ、グランプリシーズンでメダルを獲得することを願っています。

彼はその準備ができています。何とか体の成長が終わって、最終的に自分の体に適応できることを願っています。体の軸とバランスが維持されれば、4回転ジャンプを練習することができるでしょう。

■多様性

HuffPost Korea/Inkyun Yoon
平昌プライドハウス。

――オリンピックの多様性についてどう思いますか?

世界に向かって、本当に良いメッセージを伝えられる舞台だと思います。アダム・リッポン(訳注:ゲイをカミングアウトしたフィギュアスケート男子アメリカ代表選手)は、自らのメッセージを肯定的に伝え、今苦しんでいる若者を助けています。

オリンピックでもそういった教育は適切だと思います。オリンピックは多様性を広げるには完璧な場所です。みんなの注目が集まっているからです。

オリンピックは、うつ病にかかったり、自分が間違っていると思い込んでしまっている、小さな町に住んでいる子供にも勇気を与えられます。

カナダハウスに、プライドハウスが設置されていたでしょう? カナダ人として誇りに思います。

これまでのオリンピックでも設置されたことは知っていますが、平昌に設置されたプライドハウスは、より目に付きやすいですね。

人々が多様性を理解するには時間がかかります。一部の人々は一生理解できないかもしれませんが、大丈夫でしょう。

みんなひとりひとり意見が違い、考えや家庭教育、宗教なども異なります。人々はそれぞれ違った文化や伝統に敏感に反応しなければなりません。考えなければならないことは多いのです。

――韓国もますます多様性を受け入れる社会に発展しています。どう思いますか?

私が初めて韓国に来たのは、ちょうど30年前の1988年です。キム・ヨナを指導し始めてから、韓国を訪れるたびに、社会の中で女性の役割が変わっていると感じました。

女性が自信を持ち、声を上げるようになったのです。ヨナの功績は大きいと思います。キム・ヨナに勇気づけられた女性が多いからです。世界は男性だけのものじゃないでしょう。世界は変わりました。

ハフポスト韓国版の記事を翻訳・編集しました。

(翻訳/TY生)