NEWS
2018年03月06日 11時22分 JST | 更新 2018年03月06日 11時22分 JST

「わざとゆっくり走っとんのか」 20代男性の車を追い抜き止めさせ…77歳男、暴行容疑

車に詰め寄り、窓から車内に手を入れた疑い。

20代男性の車を追い抜き止めさせ...77歳男、暴行容疑

 前方を走っていた車の運転手に暴行したなどとして、三重県警は5日、同県菰野町千草、無職松岡紀彰容疑者(77)を暴行と道路交通法違反(通行区分違反)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を一部否認しているという。被害者がSNSに投稿したドライブレコーダーの映像が拡散し、捜査のきっかけになった。

 四日市西署によると、松岡容疑者は1月13日午後1時ごろ、三重県四日市市西村町の県道で乗用車を運転中、反対車線を走行して県内の20代男性が運転する乗用車を追い越し、男性の車を止めさせた。その上で男性の車に詰め寄り、「わざとゆっくり走っとんのか」などと言いながら窓から車内に手を入れた疑いがある。松岡容疑者は「道路の右側を走ったことは認めるが、手は出していない」と話しているという。

 男性は、松岡容疑者とのやりとりなどが記録されていたドライブレコーダーの映像をツイッターに投稿。さらにツイッターのフォロワーが動画投稿サイトに転載し、映像を見た人が署に電話で知らせてきたという。署は映像が投稿されたツイッターのアカウントを見つけて被害者を特定し、被害届を受理。映像中の車のナンバープレートなどから松岡容疑者が浮かんだという。

(朝日新聞デジタル 2018年03月06日 00時00分)

関連ニュース