NEWS
2018年03月06日 12時03分 JST | 更新 2018年03月07日 08時56分 JST

タワレコ創業者が死去 92歳。自宅でウイスキーを飲みながらアカデミー賞を楽しんで最期を迎えた。

謹んでお悔やみを申し上げます。

ラッセル・ソロモンさん=2015年10月、アメリカ・ロサンゼルス
WireImage
ラッセル・ソロモンさん=2015年10月、アメリカ・ロサンゼルス

タワーレコードの創業者、ラッセル・ソロモンさんが3月4日夜(アメリカ時間)、アメリカ・カリフォルニア州サクラメントの自宅で亡くなった。92歳。報道などによると、心臓発作だという。

タワーレコード発祥の地で、ソロモンさんが暮らしていた地元紙「サクラメント・ビー」は、ソロモンさんの息子、マイケルさんの話として以下の話を紹介している。

「日曜日の夜、(ソロモンさんは)サクラメントの自宅でアカデミー賞の受賞式典を見ていた。式典で誰かが着ていた衣装がみっともないと感想を言っていて、それから妻パティさんにウィスキーのおかわりを頼んだ。パティさんが戻ると、ソロモンさんは亡くなっていた」

タワーレコードは1960年、サクラメントの映画館「タワーシアター」内のドラッグストア「タワードラッグ」の一角で始まった。

2014年、タワーレコードの軌跡を描いたドキュメンタリー映画「All Things Must Pass」の上映に伴い、89歳で来日した際のインタビューで、ソロモンさんはこう振り返っている。

「まだ16歳の頃、父親がドラッグストアを経営していて、そこにはいろんな商品を置いていた......化粧品、お菓子、酒類、おもちゃ、ありとあらゆるものをね。(中略) ある日父親がこう言ったんだ、(入れ替え時に)ジュークボックスで要らなくなるレコード、つまり中古レコードを売ってはどうか、と。そこでレコード1枚を3セントで買い取り、1ダイム(10セント)で売ったら、これがよく売れてね。そのまま数週間中古レコードを売り続けた後、次に父親が、新品を売ってみないか、と言ったんだ。そんな感じで始まったんだ、そんな風に、簡単に」

音楽レビューサイト「Mikiki :〈タワーレコードを創った男〉、ラッセル・ソロモンが語るタワーの歴史:前編」 より一部抜粋。

その後、順調に業績を拡大させ、海外にも積極的に出店、日本では1980年、札幌に第1号店が開店した。

だが、CDの廉価大量販売やオンライン配信などの広がりを背景に業績が悪化、2002年、日本法人を売却するなどして乗り切ろうとしたが、2006年に倒産。アメリカ国内の店舗は全て廃業した。

ソロモンさんの逝去を受け、日本のタワーレコードは6日、以下のような追悼メッセージを公開した。

「タワーレコードの創始者であるラッセル・M・ソロモン氏が3月4日、92歳にて永眠されました。氏は、『ブランドはグローバルに、ビジネスはアットローカルに』をモットーに、スタッフの感性やアイデアを大切にした店舗作りを手掛けられ、世界中の音楽ファンそして音楽に携わる方々を魅了する店舗を次々と生み出していきました。そしてその心は今も日本のタワーレコードのスタッフ1人一人、そして各店舖に受け継がれ息づいています。

最後に日本のタワーレコードを訪れたのは2014年映画の撮影のための来日でした。渋谷店の全フロアをくまなく回り、「ここは、まさしく世界一のレコード屋だ」と言っていただけたのが、私たちの誇りです。

音楽を愛し、タワーレコードを愛し続けられたラッセル・M・ソロモン氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます」