WORLD
2018年03月07日 05時30分 JST

韓国と北朝鮮「南北首脳会談」電撃決定 6つのポイント

何が決まったのか?

Handout via Getty Images
Photo by South Korean Presidential Blue House via Getty Images.

韓国と北朝鮮が4月末に「南北首脳会談」をすることで合意した。

韓国の文在寅大統領の特使として北朝鮮を訪れた、鄭義溶・国家安保室長が、3月6日に発表した。

マスコミ発表の全文は、次の通り。

  1. 南と北は4月末に板門店「平和の家」で第3回南北首脳会談を開催することとし、このための具体的な実務協議を進めていくことにしました。
  2. 南と北は軍事的な緊張緩和と緊密な協議のため、首脳間ホットラインを設置することとし、第3回南北首脳会談以前に初の通話を実施することにしました。
  3. 北側は朝鮮半島の非核化の意思を明らかにし、北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、北朝鮮の体制の安全が保証されれば、核を保有する理由がないという点を明確にしました。
  4. 北側は非核化問題の協議及び米朝関係の正常化のため、米国と虚心坦懐に対話をする用意を表明しました。
  5. 対話が持続する間、北側は追加の核実験及び弾道ミサイル試験発射などの戦略挑発を再開することはないと明確にしました。
    このほか、北側は核兵器はもちろん、在来型兵器を南側に向けて使用しないことを確約しました。​​​​​​
  6. 北側は、平昌オリンピックによって醸成された南北間の和解と協力の良い雰囲気を持続させるため、南側のテコンドー師範団と芸術団の平壌訪問を招請しました。