ライフスタイル
2018年03月08日 13時08分 JST | 更新 2018年06月18日 10時34分 JST

サンドラ・ブロックは「ブラック・パンサー」に感謝した。黒人の子供たちの母親として

マイノリティのスーパーヒーローには、大きな力がある

Lucas Jackson / Reuters

黒人のスーパーヒーローが主人公として活躍する映画「ブラック・パンサー」。

マイノリティをスーパーヒーローとして取りあげたこの映画には大きな力がある、と語ったのは、黒人の子どもを育てている俳優のサンドラ・ブロックだ。

ブロックは2010年に、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれのルイ・ブロックを養子に迎えた。

その後2015年には、同じくルイジアナ州の出身のライラ・ブロックを里子から養子にした。

サンドラ・ブロック、51歳で2人目の養子を迎える

People

ブロックは3月4日に開かれたアカデミー賞授賞式レッドカーペットでのインタビューで、こう語った

「この映画は女性として、そして母としての私にとって、とても大きな存在だとブラック・パンサーの出演者たちに伝え、思わず泣いてしまいました」

「この映画は、私たちが今どんな世界に住んでいて、どんなスーパーヒーローがいるのかを教えてくれます」

そして、ブラック・パンサーができる前に起きたあるエピソードを語った。

「5年前に、息子から『茶色い肌をしたレゴのキャラクターはないの』って聞かれたんです」

「私は『あるよ』と言って油性ペンを手にとり、スパイダー・マンやレゴを茶色に塗りました。でももう、キャラクターを茶色のペンで塗る必要はありません」

ブロックは「子どもたちはまだブラック・パンサーを見るには幼過ぎると思う」と述べた。しかし、ブラック・パンサーのグッズは買ってあげたそうだ。

「映画が始まる前に、娘にブラック・パンサーのグッズを買ってあげたら、お面をつけて走り回っています。暗闇から突然出てきて、私を驚かせたりもします」

ブラック・パンサーを制作したマーベルにすごく感謝していると述べたブロック。

俳優、母としての視点から、エンターテイメントの世界で、多様な人たちを取りあげることの大切さを改めて伝えた。

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭にを浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち #家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。