あの人のことば
2018年03月27日 16時07分 JST | 更新 2018年03月27日 16時19分 JST

女優ミムラさん、芸名を変える「本家の“ミムラ姉さん”に名前をお返しします」

美村里江という芸名で活動します。

2004年4月7日撮影
時事通信社
2004年4月7日撮影

女優のミムラさんが、芸名を「美村里江(みむら・りえ)」に改名すると公式サイトで発表した。これまでの芸名「ミムラ」に漢字を当てた「美村」と、既に公表していた本名の名前「里江」を組み合わせた名前になった。

デビュー15周年を迎えた美村さん。芸名で呼ばれる仕事の自分と、本名で呼ばれるプライベートの自分を、もう分ける必要はないという想いが湧きあがったのが理由の1つだという。

美村さんは、公式サイトで3つの改名理由を明かしている。

1つ目は、芸名の元となった童話「ムーミンシリーズ」の登場人物「ミムラ姉さん」の知名度が近年日本でもあがってきたことだという。

熱狂的なムーミンファンだったという美村さん。「ムーミンはブームでなく一つのジャンルとして日本に定着、この先も人気は続いていくとみて、本家の"ミムラ姉さん"へ名前をお返しします」と思いを綴った。

2つ目に、大河ドラマの出演を通じて「日本名の大切さ」に気づいたという点を挙げた。

大河ドラマ「西郷どん」に出演が決定している美村さんは、日本の歴史を描くドラマに、カタカナの芸名で挑むことに違和感を覚えたという。

3つ目には、働き方に対する考え方の変化があった。

美村さんは、改名の背景にある思いを以下のように綴っている。

以前はプライベートの時間に「ミムラさんですか」と声をかけられると、「はて、今の私はミムラなのだろうか。本名の小暮里江(*2012年6月本名公表memo参照)ではないのかな」と、仕事を離れると湧いてくる少し不思議な気持ちがあった気がします。それが現在、「お声がけありがとうございます」と何の曇りもなく嬉しい気持ちで笑顔を返すことができます。

若さゆえ、仕事を離れた公私の整合性をどうとればよいのか悩んだ時期もありあましたが、公を担う役者としての自分と私的な自分が、それぞれ違う素材であり、それでいて一方があるからもう一方も活きる。もう別ける必要はないという想いが湧きました。(原文ママ)

改名は、数年に渡って検討を続けてきたという。「『所属事務所と揉めて』や『プライベートで何かあって』という理由からではないのでどうぞご安心ください」と明かした。

芸能人にとってアイデンティティとも呼ぶべき「芸名」を変更するという大きな決断に至った美村里江さん。前向きな言葉で、ブログを締めくくった。

ほんの数年間で国際情勢が騒がしくなり、落ち着かぬまま自国「日本」について考える機会も多い最近。2012年6月の本名公表時には、予想もつかなかった現在です。さぁ、5年後はどうなっているでしょう?

新たな名前と共に歩んでいこうと思います。引き続き応援頂けますと幸甚です。