WORLD
2018年03月28日 16時10分 JST | 更新 2018年03月28日 16時14分 JST

64人犠牲のロシア火災、非常口がふさがれていた 「多分これでさよなら」少女のメッセージ

ロシア国内で非難の声が高まっている。

ケメロボの火災現場近くでは、多くの人が花を手向けた。
Getty Images
ケメロボの火災現場近くでは、多くの人が花を手向けた。

ロシア・西シベリアにあるケメロボのショッピングセンターで3月25日に発生した火災。少なくとも64人の死者が確認されている。うち41人が子どもだという。

これまでの捜査で、火災発生時にショッピングセンターの非常口がふさがれていたことが判明。火災が通知されたあとに、警備員が「火災報知器のスイッチを切った」という。この警備員や、火災安全を担当していた職員などを含む5人が逮捕された

タス通信によると、映画館や遊戯施設がある4階が出火元とみられているが、出火原因については錯綜し明らかになっていない。

火災が起きた日は多くの子どもや家族連れがセンターを訪れており、館内にいた多くの子どもらが逃げ遅れ、犠牲になった。

この火災で亡くなった13歳のマリア・モロズさんは、ソーシャルメディアで最後のメッセージを残していた。

「私たちは火事にあっています。私はみんなを愛しています。多分これでさよならです」

ロシア国内では、ショッピングセンターや現地行政当局への非難の声が高まっている。27日には市民ら数千人が抗議デモを行った

Sergei Karpukhin / Reuters

ウラジーミル・プーチン大統領は27日、ケメロボの火災現場を訪問。

犠牲者や遺族に追悼の意を表し、火災の原因は「過失や不注意」によるものと批判し、関係者の責任を厳しく追及する考えを示した。

AFP/Getty Images
病院を訪問し、負傷者と面会するプーチン大統領。