アート&カルチャー
2018年03月28日 16時43分 JST | 更新 2018年03月28日 16時43分 JST

堂本剛のプライベートに密着 ドキュメンタリー番組をネット配信

プライベートの"ありのままの剛"を見せていく

堂本剛のプライベートに密着 ドキュメンタリー『堂本剛の素』GYAOで配信

人気デュオ・Kinki Kidsの堂本剛のドキュメント番組『堂本剛の素』が、4月13日より「GYAO」で毎週金曜日に配信されることが決定した。仕事に取り組む姿やオフの過ごし方などテーマをもうけながら、プライベートの"ありのままの剛"を見せていく番組で、剛も「みんなが知らないところを結局は配信したほうがいいと思っています」と番組内で素を見せていく。

 番組ではプライベートでの小旅行、自身のソロプロジェクト「ENDRECHERI(エンドリケリー)」にかける思い、ミラノコレクションに参加したファッションブランド「ATSUSHI NAKASHIMA」のテーマづくりの過程などに密着する。

 また、今年3月に103年ぶり発見された新種の桜「クマノザクラ」を鑑賞するため和歌山県古座川町を訪れると、結果的に一番最初に「クマノザクラ」を見た芸能人となった。「キレイなものを見るときほど悲しいことはない」と語る剛は、新種の桜を見て何を思うのか。

 剛は「"なんの仕事しているの?あの人?"みたいな。(みんなが知らないところは)本当に1人でだらだらしゃべっているとか、僕のオン・オフとか。素を出したりすると、"何かあいつ変わったな"という瞬間とか見えると思うですけど、俺ずっとこうやねんていう...。僕は僕の考えをしゃべっているだけなんですけど。シンプルに」と番組への率直な思いを打ち明けている。

【関連記事】