NEWS
2018年04月06日 16時58分 JST | 更新 2018年04月06日 17時12分 JST

 野村不動産・過労死への特別指導公表は「プレゼント」? 労働局長

「1日遅れのクリスマスプレゼントがありますから」と述べ、重要な発表があることを予告していた。

過労死機に特別指導公表は「プレゼント」? 労働局長

 厚生労働省東京労働局の勝田(かつだ)智明局長が、男性社員が過労自殺した野村不動産への特別指導を昨年末の記者会見で公表した際、「プレゼント」と述べた上で説明していた。6日の衆院厚生労働委員会に参考人として招致された勝田局長は、「不適切だった」として謝罪した。一方で「プレゼント」が同社への特別指導を指したものではないと弁明した。

 昨年12月26日の定例記者会見で勝田局長は、記者から「プレゼントの中身は」と問われ、「プレゼントもう行く? やります? じゃ、やろっか」と述べ、「プレゼントっていうほどいい話じゃないんですけど」と前置きをした上で、野村不動産に対する特別指導について説明し、公表した。

 国会に提出された同12月1日の定例記者会見の会見録によると、勝田局長は報道各社に対して「26日に1日遅れのクリスマスプレゼントがありますから」と述べ、重要な発表があることを予告していた。

(朝日新聞デジタル 2018年04月06日 15時48分)

関連ニュース