NEWS
2018年04月09日 19時28分 JST | 更新 2018年04月09日 20時05分 JST

あなたの目の前で誰かが倒れたら…。医師兼マンガ家が心臓マッサージ方法を図解

「誰でもできることが大事」

心肺停止した人に対して、誰でもできる心臓マッサージの救命処置を、医師兼マンガ家がイラストで解説した。「凄くわかりやすい」と評判になっている。

永田礼路さん提供

Twitterに投稿されたものより、さらに力が入りやすい「指を組んだ状態」に修正されたイラスト(永田礼路さん提供

■心臓マッサージ、あの歌と同じテンポで

京都府舞鶴市で開かれた大相撲の土俵で4月4日、突然倒れた市長を観客の女性の心臓マッサージをした。その際に会場で、「女性は土俵から下りてください」とアナウンスしたことを、日本相撲協会が謝罪する事態になった

これを受けて、非常勤医師でマンガ家の永田礼路さんが6日、解説イラストをTwitterに投稿した

それによると心臓マッサージは、人が突然倒れた際に、意識がなく、息をしてない状態のときにする。倒れた人の横にひざ立ちになり、手を重ねて体重をかけて「1分間に100回押す」と説明している。人気アニメの主題歌「アンパンマンマーチ」と同じテンポだという。

永田さんはハフポスト日本版に次のように語った。

「この心肺蘇生法は、基本的にだれでもやってよい、むしろ誰でもできることが大事なので、もし必要な場に居合わせた場合は医療関係者に限らず、施行してもらいたいです」

永田さんは2014年に月刊「アフタヌーン」からデビュー。医療知識を活かした「螺旋じかけの海」(全2巻)を出している。