政治
2018年04月10日 11時50分 JST | 更新 2018年04月10日 11時52分 JST

柳瀬元首相秘書官「この案件が首相案件といった具体的な話をすることはあり得ない」

柳瀬氏がコメント発表

柳瀬唯夫経産審議官
時事通信
柳瀬唯夫経産審議官

柳瀬元首相秘書官「首相案件と話すこと、あり得ない」

 学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画に関し、首相秘書官だった柳瀬唯夫経産審議官が同県や今治市の職員らと2015年4月に面会した際の記録が残っていたとの報道に対し、柳瀬氏は10日午前、コメントを発表した。柳瀬氏は「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と明言した。

 愛媛県の記録に、柳瀬氏が「本件は、首相案件」と述べたと記されていることについては、「具体的な地点の選定手続きは、総理秘書官の職を離れてかなり時間が経ってから始まり、今治市が特区を活用して、獣医学部新設を行う規制改革が決まったのが平成29(2017)年1月だった」と説明。「私が外部の方に対して、この案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ない」とした。

(朝日新聞デジタル 2018年04月10日 10時19分)

関連ニュース