NEWS
2018年04月11日 11時34分 JST | 更新 2018年04月11日 11時34分 JST

至学館大学長がフジ番組の男性に「つかまれ軽傷」 レスリング女子のパワハラをめぐる取材で

フジテレビ企業広報は「なぜそのような被害届を提出されたのか理解に苦しんでいる」とコメント

朝日新聞社
会見をする至学館大学の谷岡郁子学長=3月15日、愛知県大府市の至学館大学

至学館大学長が被害届 フジ番組男性に「つかまれ軽傷」

 レスリング女子のパワハラ問題を巡る取材で、フジテレビの情報番組の男性にけがを負わされたとして、至学館大学(愛知県大府市)の谷岡郁子学長(63)が、愛知県警に被害届を提出していたことが10日、分かった。県警は傷害の疑いで調べている。

 学長らによると、日本レスリング協会が、前強化本部長で至学館大レスリング部監督の栄和人氏にパワハラ行為があったと発表後の8日、名古屋市内の自宅マンションを訪れた情報番組の男性に腕をつかまれ、軽傷を負ったという。

 フジテレビ・企業広報室は「映像でも確認致しましたが、谷岡学長と弊社ディレクターとは体は接触しておらず、なぜそのような被害届を提出されたのか当方としては理解に苦しんでおります」とコメントした。

(朝日新聞デジタル 2018年04月11日 05時15分)

関連ニュース