NEWS
2018年04月12日 16時07分 JST | 更新 2018年04月12日 18時58分 JST

声震わせ... 滋賀県警幹部が会見で謝罪 警官死亡事件で

「警察官が貸与された拳銃を使用し、殺人事件を起こしたことは極めて遺憾。ご遺族、県民の皆様に深くおわび申し上げる」

朝日新聞社提供
謝罪する滋賀県警の武田一志警務部長=2018年4月12日午前8時3分、大津市打出浜の県警本部、北川サイラ撮影

警官死亡、声震わせ1分以上頭下げ...滋賀県警が会見

 滋賀県彦根市の彦根署河瀬駅前交番で11日夜、交番勤務の巡査部長が拳銃で撃たれて死亡した事件で、県警は12日、同じ交番勤務の男性巡査(19)=彦根市=を殺人容疑で逮捕し、発表した。男性巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 警察官が上司を拳銃で殺害したとされる衝撃的な事件。滋賀県警は12日朝、緊急記者会見を開き、幹部が深々と頭を下げた。地域の治安の拠点となるはずの交番で起きた事態に、地元住民には不安が広がった。

 「警察官が貸与された拳銃を使用し、殺人事件を起こしたことは極めて遺憾。ご遺族、県民の皆様に深くおわび申し上げる」。午前8時すぎから約1時間45分続いた記者会見の冒頭、武田一志・警務部長は声を震わせながら、1分以上頭を下げ続けた。

 武田部長によると、殺人容疑で逮捕された男性巡査(19)は、落ち着いた様子で取り調べに応じている。欠勤は把握しておらず、勤務態度に問題はなかったという。拳銃の取り扱いについても「警察学校で訓練しており、問題ないということで拝命された」と説明した。

 ただ、動機や、殺害された井本光巡査部長(41)との間のトラブルの有無については、「捜査中」「現時点で特段問題があったとは確認していない」と繰り返した。

(朝日新聞デジタル 2018年04月12日 14時01分)

関連ニュース