WORLD
2018年04月15日 20時59分 JST | 更新 2018年04月15日 21時01分 JST

中国国際航空機が緊急着陸 乗客が突然、万年筆を持ち出して乗務員を脅したという。

乗客と乗員にけがはなかった。

Getty Images
(写真はイメージ)

中国国際航空機が緊急着陸 万年筆で乗員脅した客を拘束

 15日午前10時(日本時間同11時)ごろ、中国内陸部の湖南省・長沙から北京に向かっていた中国国際航空機が、河南省・鄭州の空港に緊急着陸した。中国メディアによると、乗客が万年筆を手に乗員を脅したことが原因で、地元当局がこの乗客を拘束した。他の乗客と乗員にけがはなかった。

 SNS上では「刃物を持った乗客が乗員を脅した」との情報もあったが、これまでの調べでは、乗っていた湖南省の男性(41)が突然、万年筆を持ち出して乗務員を脅したという。

 北京の日本大使館によると、乗客に日本人が含まれているとの情報はないという。(北京=延与光貞)

(朝日新聞デジタル 2018年04月15日 19時49分)

関連ニュース

MORE:World