NEWS
2018年04月16日 16時26分 JST | 更新 2018年04月16日 16時35分 JST

ほっともっと「のり弁」、一律300円に値下げへ

米を自社で精米するなどコスト削減を進めて値下げにつなげた、と説明している。

プレナス
ほっともっとの「のり弁当」(プレナス提供)

根強い人気「のり弁」値下げで300円に ほっともっと

 弁当チェーン「ほっともっと」を展開するプレナスは5月1日から、主力商品の「のり弁当」を値下げする。現在は地域によって330~350円だが、全国一律で300円(いずれも税込み)にする。

 プレナスによると、2008年にほっともっとブランドが発足して以降、弁当の値下げは初めてという。より手ごろな価格を打ち出し、総菜や弁当の品ぞろえを強化しているコンビニなどに対抗する狙いがあるという。

 メンチカツやから揚げがついた「特のりタル弁当」もこれまでの430~450円から、全国一律で390円に値下げする。プレナスは、米を自社で精米するなどコスト削減を進めて値下げにつなげた、と説明している。値下げとともに来店頻度も高め、全体の売り上げは増やしたい考えだ。(田幸香純)

(朝日新聞デジタル 2018年04月16日 15時58分)

関連ニュース