NEWS
2018年04月26日 18時10分 JST | 更新 2018年04月26日 18時19分 JST

TOKIO山口達也は、真っ赤な目で震えていた。「怒ってくれる人、もう彼らぐらい」

会見中は終始、うつむき加減だった。

記者会見に応じる山口達也メンバー=東京
Kazuhiro Sekine
記者会見に応じる山口達也メンバー=東京

女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、4月26日に記者会見に応じたアイドルグループ「TOKIO」の山口達也メンバー(46)は、終始うつむき加減で涙を流し、目を真っ赤にしながら記者たちの質問に答えた。番組で見せるさわやかな笑顔は消え失せていた。

この日午後2時。東京中心部にあるホテル「ニューオータニ」の大広間には、テレビや雑誌、新聞などの記者ら100人以上が集まり、山口メンバーが現れるのを待っていた。

黒いネクタイにスーツ姿の山口メンバーが現れると一斉にフラッシュがたかれる。記者会見の冒頭、ジャニーズ事務所の顧問弁護士が事件の概要などを説明している間、山口メンバーは手を前で組みながら、終始うつむき加減だった。

「これだけ世の中を騒がせてしまったこと、被害者の女性、そしてその友人、ご家族の方、呆れている方、心配してくれる方、応援してくれている方のために、まず処分が決まる前に私の口から説明させていただきたいと思います」。山口メンバーはそう語り、すすり泣きしながら頭を下げた。

Kazuhiro Sekine

山口メンバーを囲む記者からは「飲酒が影響したのか」「事件を隠蔽する気だったのか」「お子さんにどう説明するのか」など、突っ込んだ質問が次々と浴びせられた。山口メンバーは額に汗をにじませ、目を真っ赤にしながら釈明に追われたが、多くの部分について「捜査段階なので申し上げられない」と回答を避けた。

被害者の女性に対する謝罪の言葉を口にした時と同じくらい涙を流したのは、ほかのTOKIOのメンバーらへの思いを聞かれた時だった。

「どれぐらいつらい思いをしているのか、どういう思いで今彼らがすごしているのかっていうのを考えると、どうしていいかわからないですけど。彼らがいて私がいるので。甘い考えかもしれませんが、怒ってくれる人も、もう彼らぐらいしかいない歳にもなったので。彼らを信じてもしまってくれている場所があるのなら、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたらなっていう。本当にすいません」

Kazuhiro Sekine

最後にファンへの気持ちを問われると、「ファンがいる限り、山口達也で、そしてTOKIOでありたいなっていう気がしてます」と震えながら頭を下げた。