NEWS
2018年04月28日 10時17分 JST | 更新 2018年04月28日 13時17分 JST

TOKIO城島茂、山口達也を厳しく非難 メンバー復帰は「ありえないですよ」

「被害者の方、そしてご家族の方に対しての謝罪の念があれば、戻ってきたいとか、そういうことはまず言えないと思うんですよね」

「週刊ニュースリーダー」公式サイトより

アイドルグループTOKIOの山口達也メンバーが強制わいせつ容疑で書類送検され、26日に会見したことを受けて、リーダーの城島茂が4月28日、MCを務める情報番組『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)に出演。山口のメンバー復帰について、「ありえない」と言い切った。

スーツ姿で登場した城島は番組冒頭、山口について以下のように謝罪した。

「今回、TOKIOの山口達也が強制わいせつ罪で書類送検され、大変、ご迷惑をおかけしました。被害に合われた方、そしてご家族の皆様に対し、心より深くお詫びします」

城島によると、事件について知ったのはNHKの報道があった25日だったという。「私自身もまったく山口本人から聞いていなかったもので、その件に関しましては、グループのリーダーとして恥ずかしい限りでございます」と話した。

山口は26日の記者会見の場で、「甘い考えかもしれませんが、 怒ってくれるのも彼ら(TOKIOのメンバー)ぐらいしかいない年になった」「もし待ってくれている場所が、私の席がそこにあるのであれば、またTOKIOとしてやっていけたら」と思いを吐露していた。

これに対し城島は、「まあ、ありえないでしょうね、普通に。ありえないですよ」と話し、以下のように山口を叱責した。

「彼は(TOKIOメンバーが今)どう思ってるか、何を思ってるかと言ってましたけど、それはテレビを通して言うことではなくて。まず最初に他の4人に、マネージャーに対して、会社に対して『こういうことになりました。申し訳ございません』と言うのが筋じゃないかと思うんですね」

「今まで何も言わずに謝罪会見で、その気持ちを吐露する。なんでしょうね...。本当に30年やってきたのかなという、裏切りですよね。グループのリーダーとしてありえないと思いますし、30年連れ添った仲としてもありえないですし。筋を通す男だと思っていたんですけどね。一番筋を通してないですね」

城島によると、記者会見が終わったあとに国分太一とともに山口と面会したが、メンバー全員で集まって話す時間は取れていないという。

「被害者の方、そしてご家族の方に対しての謝罪の念があれば、戻ってきたいとか、そういうことはまず言えないと思うんですよね」と突きつけ、「自分の犯したことに関して向き合って、どうするのか考えていただかないと。まず、声をかける以前の問題」と猛省を促した。