WORLD
2018年04月27日 14時59分 JST | 更新 2018年04月27日 14時59分 JST

文在寅氏「北朝鮮、いつ行けばいい?」⇒ 金正恩氏「今でしょ」

両首脳は手をつなぎ、軍事境界線を越えて北朝鮮に入った

Handout . / Reuters
軍事境界線を越え、北朝鮮側に入る金正恩氏(左)と文在寅氏=4月27日、板門店

北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領が4月27日、手をつないで板門店の軍事境界線を越え、北朝鮮側に立ち入った際の2人のやりとりが明らかになった。

「私はいつごろ軍事境界線を越えられますか」と文氏が質問したところ、金氏が「それでは今、越えてみますか」と答えて「サプライズ」が実現したという。聯合ニュースなどが報じた。

両首脳はこの日、板門店の韓国側施設「平和の家」で首脳会談を開いた。会談に出席するため、金氏は北朝鮮側から徒歩で軍事境界線に到着。境界線をはさんで、待機していた文氏と握手した。

その後、いったん金氏は境界線を越えて韓国側に足を踏み入れたが、2人は会話を交わした後、金氏は文氏を促す形で、2人が手をつないだまま境界線をまたぎ、今度は北朝鮮側に入った。

この時の2人のやりとりを韓国大統領府がのちに発表した。それによると、境界線を越えて韓国側にやって来た金氏に対し、文氏が「私はいつごろ軍事境界線を越えられますか」と質問。これに対し、金氏が「それでは今、こえてみますか」と答え、文氏の手を引いたという。

2人そろって境界線を越えて北朝鮮側に立ち入ることは予定されていなかったという。

Anadolu Agency via Getty Images
並んで歩く金氏と文氏