NEWS
2018年05月02日 14時22分 JST | 更新 2018年05月02日 17時08分 JST

《TOKIO記者会見》城島茂「今後の活動、答えが出ていない」 山口達也から“辞表”を託されたと明かす

「山口の責任はTOKIOの責任」とメンバー全員で連帯して責任を負う姿勢を強調した。

RIo Hamada
記者会見するTOKIOのメンバー。左から長瀬智也さん(39)、国分太一さん(43)、城島茂さん(47)、松岡昌宏さん(41)

アイドルグループ「TOKIO」の山口達也さん(46)が未成年に対する強制わいせつ容疑で書類送検されていたことを受けて、城島茂さん(47)、国分太一さん(43)、松岡昌宏さん(41)、長瀬智也さん(39)のメンバー4人が5月2日午後、都内のホテルで記者会見した。

4人はそれぞれ記者会見場にはいると、報道陣に向かって深々と一礼した。

会見の冒頭、リーダーの城島さんは被害者への謝罪の言葉を口にした。

「本日は皆様、私どものためにわざわざお集まりいただき、ありがとうございます。今回うちのTOKIOのメンバー山口達也が犯した事件におきまし被害にあわれた方、そしてご家族の皆様にTOKIOのメンバーとして心より深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」

ここで、メンバー4人は深々と一礼した。時間にして約20秒、長い礼だった。

■リーダーが明かした「5人の話し合い」の内容とは

RIO HAMADA
記者会見で話すTOKIOの城島茂さん(右)=2018年5月2日

城島さんは「メンバー全員で深く受け止めております」「山口の責任はTOKIOの責任」とメンバー全員で連帯して責任を負う姿勢を強調した。

問題の発覚後、TOKIOのメンバーは「謝罪と自分たちの思いを発表しなければ」という思いだったがスケジュールが会わず、5人で集まったのは4月30日だったという。

この話し合いで山口さんは「TOKIOを辞めます」と発言。自らカバンの中から辞表を取り出し、城島さんに託したという。

城島さんは、今後の活動をどうするかについて「その時、答えを出せなかった」と吐露。

その上で、城島さんは「この先どうするかは答えが出ていないです」とし、以下のように今の思いを明かした。

「今僕達できること、この会見でできることは、被害者や家族に『山口の責任はTOKIOの責任』として、まずはそこが優先じゃないかという結論になった」

「この先どうするかは答えが出ていないです」

「目に前のことを頑張っていくしかない」

「TOKIOは甘い。リーダー甘い。メンバー全員甘いと、いろいろな声があると思っています」

批判されることを念頭におきつつも、城島さんは「メンバー全員で受け止めていきたい」と語った。

東京地検は5月1日、山口さんを不起訴処分(起訴猶予)としている。