NEWS
2018年05月06日 17時56分 JST | 更新 2018年05月06日 23時15分 JST

清宮幸太郎が、デビューからたった5日でプロ野球新記録を打ち立てた(動画)

ボテボテの内野安打が大記録に。

1回、デビュー戦から5戦連続安打となる内野安打を放った日本ハムの清宮=5月6日、札幌ドーム
時事通信社
1回、デビュー戦から5戦連続安打となる内野安打を放った日本ハムの清宮=5月6日、札幌ドーム

ドラフト1位指名の鳴り物入りで日本ハムに入団した清宮幸太郎が、1軍デビューからたった5日でプロ野球新記録を打ち立てた。5月6日の対ロッテ戦で内野ヒットを放ち、高卒新人のデビュー戦から連続安打記録を5に更新した。

日本ハムはTwitterに記録達成の瞬間を捉えた動画を投稿。清宮の偉業を讃えた。打球はピッチャー前に転がり、当たり損ないにも思えたが、運よく三塁線へのヒットになった。

ドラフト制が導入された1966年以降で、これまでの連続安打記録は1999年に赤田将吾(西武)、2015年に浅間大基(日本ハム)が打ち立てた4試合だった

日本ハムの次の試合は、8日のオリックス・バファローズ戦。清宮のさらなる記録更新に期待がかかる。

Twitter上では「さすが大物ルーキー」「あとは、ホームラン!」などと賞賛やさらなる活躍を期待する声が広がった。