NEWS
2018年05月07日 12時09分 JST | 更新 2018年05月07日 12時09分 JST

上坂すみれさん、ロシアを語る。お薦めの地はサンクトペテルブルク

プーシキン美術館展の音声ガイドを担当。「せりふが多いアニメやゲームと違って、ナレーションはすごく新鮮な気持ちでした」

朝日新聞社
ロシアに関するクイズでファンと交流する上坂すみれさん=2018年5月6日午後、東京都美術館、山本倫子撮影

展覧会音声ガイドは「新鮮」上坂すみれさん、ロシア語る

アニメ「ガールズ&パンツァー」のノンナ役などで人気の声優、上坂すみれさん(26)が6日、東京都美術館(上野公園)で開かれたトークイベントに参加。ファンら約400人を前に、ロシアの文化や、サンクトペテルブルクを訪れた思い出などについて語った。

上坂さんは同館で開催中の「プーシキン美術館展――旅するフランス風景画」(朝日新聞社など主催)の公式サポーターを務めている。旧ソ連の国歌を聴いてロシアに興味を持ち、上智大ロシア語学科在学中に声優デビュー。「ガルパン」ノンナ役のほか、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のアナスタシア役など、ロシアに縁のあるキャラクターを演じている。

この日、「旅」をテーマにしたトークで上坂さんは、ロシアでお薦めの地としてサンクトペテルブルクを挙げた。「白夜のシーズンに行ったので、とてもきれいでした。夜でもロシアの人はとても元気なので、みんないつまで飲むのかなって思いました」と語った。

上坂さんは展覧会の音声ガイドを担当している。「せりふが多いアニメやゲームと違って、ナレーションはすごく新鮮な気持ちでした」。音声ガイドを声優風にアレンジした特別バージョンを披露すると、会場は大きな笑いと拍手に包まれた。音声ガイドには、上坂さんの誕生日を入力すると流れる「シークレットトラック」もある。

既に展覧会を鑑賞したという東京都の会社員、森田智さん(39)は「トークの合間に美術に関する話があり、興味深かった」と話した。

「プーシキン美術館展」は、ロシアを代表する美術館の屈指のコレクションから、モネやルソーを始め、17世紀以降の美術史に名を残す巨匠らの風景画65点を展示している。

同展覧会の公式サイト(http://pushkin2018.jp/)では、音声ガイド収録直後の上坂さんのインタビュー動画を公開している。今後、上坂さんが展示室やショップなどを案内するPR動画も配信する予定。展覧会は7月8日まで。一般1600円、大学生・専門学校生1300円、高校生800円、65歳以上1千円。

(朝日新聞デジタル 2018年05月07日 09時30分)

関連ニュース